社員インタビュー

工事課 主任 鈴木 智也さん(34歳)

現場の数だけ、攻略する楽しさがある

鈴木 智也さん

お客様の要望や現場にあわせて、ベストな作業を組み立てる

街路灯の交換や個人宅の電気設備の取り付けを行う電気工事の他、エアコンを取り付ける空調整備工事、携帯電話などのアンテナを設置する電気通信設備工事などが、僕の主な仕事。道路やビル、工場、個人宅などさまざまな現場や仕事があるので、それに合わせた作業方法を考えるのが難しいですね。

例えば、街路灯の交換一つとってみても、現場によって道の状況も街路灯の種類も違います。また、個人宅の場合は、家具があって脚立を立てられないことも。現場によって作業も違うし、作業するのが難しい場所もあります。
だから作業に入る前に、現場の状況に合った“より安全”で“より確実”で“よりスピーディな作業方法”を考えることが重要なんです。

難しい現場ほど、それをクリアした時の喜びも大きい

この仕事は本当に幅が広く、いろいろな場所・状況のなかで仕事をするので、経験を積めば積むほど「極めること」の難しさを実感します。
現場での作業方法は、先輩と一緒に考えるのですが「本当にこの作業で正しいのか?」「お客様は喜んでくれるのか?」と悩むことも多くて。また、常に新しい技術が出てくるので、勉強し続けることも必要です。入社して10年経ちますが、まだまだ一人前とは言えません。

難しい現場にどう対応するか。作業を組み立てていくのは難しい反面、楽しさもあります。考えるおもしろさもありますし、いつも現場が違うから新鮮な気持ちで取り組めるんですよね。以前勤めていた工場は、仕事に飽きて辞めてしまったのですが、この仕事は10年やっても飽きることはありません。

鈴木 智也さんが街路灯の交換作業をしている
鈴木 智也さんを中心に、作業工程を打ち合わせ

今まで知らなかった風景や世界と出会う楽しさ

電気工事には、夜間の作業もあります。この仕事を始める前は、“夜勤はキツい”というイメージがあったのですが、やってみると意外と楽でしたね。作業を終え、始発の電車で帰るのも非日常的で、ちょっと楽しいですし(笑)。

「他の人が見れない景色を見れる」ということも、この仕事の楽しさの一つ。深夜3時に六本木ヒルズの屋上に行った時のことは、特に印象に残っていますね。東京の灯りがほとんど消えた暗い中、たくさんの航空障害灯だけが赤く光っている景色は、今でも忘れられません。

「電気工事の仕事はキツそう」「自分には無理」と思っている人は多いと思います。でも僕自身、数学は苦手だし、手先も器用じゃないけど、働きながら資格も取れたし、仕事も楽しんでいる。あまり難しく考えず、飛び込んでみればいいと思いますよ。


[プロフィール]

高校卒業後、機械部品の製造工場に3年間勤務。建築関係の仕事がしたいと思い、野中電器産業株式会社に転職。働きながら、第二種電気工事士の資格を取得。今後の目標は、さらに上の資格取得をめざしつつ、現場での対応力や技術力を高めていくこと。

お知らせ

  • 2018年7月6日 正社員採用の情報をアップしました。
  • 2016年9月8日 正社員採用は終了いたしました。
  • 2016年2月8日 ホームページを公開いたしました。

代表取締役 野中 俊秀

事業内容・代表取締役メッセージ

野中電器産業株式会社の事業内容やこれから会社がめざしていること、求める人材、仕事の魅力など。弊社代表取締役の野中俊秀から、みなさまへの熱いメッセージをお届けします。

藤井 陽一さんが作成した図面の例

[社員インタビュー]設計課主任 藤井 陽一さん

僕のメインの仕事は、電気通信設備の図面を作ること。CADを使って、建物の図面に携帯電話のアンテナを設置する位置や配線を描いていきます。こう言うと簡単そうですが、なかなか……